Miho Komatsu - 砂のしろ  -Suna no Shiro -
Miho Komatsu - 砂のしろ -Suna no Shiro -
I am Sam-Til Ya Make It (アイ・アム・サム)
I am Sam-Til Ya Make It (アイ・アム・サム)
TheStC[GnH] vs Nal_rA @Nemesis, July 4 2007 pt1/2
TheStC[GnH] vs Nal_rA @Nemesis, July 4 2007 pt1/2
小夜子
小夜子
小林誠
小林誠
侍道2 way of samurai2  へたれプレイ
侍道2 way of samurai2  へたれプレイ
Gameboy -- Robocop 2 -- Playthrough 2/3
Gameboy -- Robocop 2 -- Playthrough 2/3
Animal Crackers
Animal Crackers
Maruta 731
Maruta 731


Slow Dance Original Sound Track
まさに「頑張りすぎずスローで行こう」なノリのサントラです。
夏の午後にフラペチーノ片手に・・・そんな、カフェで流れていても
いいような曲も多く、ずっとグルグル聴き続けています。

「ロンバケ」や「ラブレボ」など、過去の作品を彷彿とさせる感じも
私は抵抗なく受け入れられました。

ドラマのサントラとして、だけでなくドライブや読書や
ホームパーティのお供にいい感じです。


 

クールボーダー ― オリジナル・サウンドトラック
いやー、好きですねー。サントラ単体で聞いてもいいですけど

映画見てから聞くともっと盛り上がると思います。

洋楽のことはあんまり知らないんですけど虜になりそうです。

とくにandrew w.kのシーイズビューティフルがおすすめ。おかげでandrewのファンですわ。

クールボーダーを見た人もまだ見てない人も買いです。

ちなみに映画を見てから聞くと星が5つになりますぜ、旦那


 

デス・カルト・アルマゲドン ~最終戦争賛歌~
ノルウェーといえばメイヘムやバーズム、エンペラーなどのブラック・メタルバンドを輩出しているが、ディム・ボガーも忘れてはならないであろう。メイヘムなどのオドロオドロしいブラック・メタルというよりはオーケストラを大題的に取り入れ、ピアノのメロディーを上手く絡めた作品になっている。ニコラスの超絶ブラスト、暴走系のブラック・メタルの様にひたすらトリル・ピッキングで弾きまくるのでは無く、カッコヨク細かく刻まれるギターリフ、そして、たまに聴かれるヴォルテックス(B)のクリーンヴォイスが素晴らしメロディーをかもち出している。シンフォニック・ブラック・メタルファンの方に是非聴いて欲しい作品。

 

多様性教育入門―参加型人権教育の展開
本書は、多様性教育の基本的な考え方を論じ、その実践例を紹介するものである。ここでいう多様性教育とは、「自分たち自身の間にあるさまざまな違いへの自覚を深めつつ、お互いの人間としての共通性を再認識し、差別をとらえる視点や概念、差別に取り組むスキルや生き方を学んで、対等な関係づくりと社会変革を促そうとする教育」であり、具体的な行動力を育もうとする点に特徴があるとされる。

この、行動力を育む教育をめざすという点で、本書は実践的であり評価できる。とりわけ、本書における人権教育実践の系統性について説明されている点は高く評価できる。従来、人権教育実践は単発的であって、その系統性についてはそれほど議論されてこなかったからである。

ただし、多様性教育の考え方はよくわかるが、実際に実践するためにはもう一歩突っ込んでほしかった気がする。星三つにしてしまったが、四つの方に近かった。

 

I am Sam/アイ・アム・サム [DVD]
いや〜、知的障害者をショーン・ペンが見事に演じていますね。
ダコタ・ファニングも自然な演技で演技と感じさせない、
本物の親子のような素晴らしい雰囲気を出していました。
現実の障害者は、こんなもんじゃないぞ、、、
と、お思いの方もおられるでしょうけど、映画として
それなりの評価はしていいのではないでしょうか。

 

侍道2公式ガイドブック 極めの書
侍道2の攻略方法が非常にわかりやすくのっていました。

 

アルマゲドン【字幕版】 [VHS]
おきまりといわれればそれまでですが、こういう映画はもう大画面、大音量でみないと全く魅力が通じない映画でした。映画館で見たときはそれなりにテンポがよかったので、見ていて楽しかったのですが、それも大画面、大音量が有無をいわさず降りかかってきたからか、家で見るとなんともつまらない。一つよかったのはプロジェクトに選ばれ、重要な役割を担うのが無骨な民間人だったところでしょう。ヒーローとされるのが、学者でも軍人でもNASAの人間でもなく、一人の男くさいオヤジだったというのが、この映画を救ったのだと思います。そういった意味では演技はうまくもお腹にしまりのないブルース・ウィルスというのは最適な配役でした。音楽は80~90’sロック好きにはたまらないですね。

 

砂の城 (4) (集英社文庫―コミック版)
コミック版の最後の刊です。悲しく美しいストーリーにどっぷり漬かることができます。最初のほうに比べて絵が雑に見えるのと、最後の一条先生のあとがきに興ざめしたので星4つにしておきます。素晴らしいお話の余韻を楽しみたい方は、急に出てくるあとがきは続けて読まないほうがいいです(「〜だぜ!」「じゃん!」「〜でさー」連続のコミカルな内容なので)。

 

六番目の小夜子 第3章 [DVD]
今現在活躍中の、鈴木杏ちゃんや、キルビルの栗山千明さん、ウォーターボーイズ、世界の中心・・の山田孝之君の、若い頃(今も若いですが幼い頃かな?!)が見られるのでとってもお勧めです!!
今は第一線で活躍されている俳優さんたちですが、そうなる前の初々しい演技がなかなか良いと思います★
それぞれのファンの方は必見です!!

内容は学園ミステリーで子供向けなのかな~と思ってみてしまいましたが、ついつい「小夜子伝説」に引き込まれて見入ってしまいました。
なかなかのオススメDVDです★


 

六番目の小夜子 第2章 [DVD]
印象的な”ドンミノドミナス!!”という女性コーラス(超怖い)から始まる小夜子。
小夜子の音楽は、本当に怖くて素晴らしい。いやがおうにも期待が高まります。
5~8話は、1~4話の小夜子恐怖編から思春期苦悩編に突入という印象。
とにかく主人公鈴木杏ちゃんも、怖い転校生栗山千明ちゃんも、体の弱い美少年山田孝之くんも、悩む悩む!!

しかし、悩む中で文化祭のどきどきする高揚感があったり、中学2年の時にしか分からない風景があるのが素晴らしかった。
個人的にはBGMが変わる7話がおすすめですが、どの回も中だるみせず面白いです。かって損ナシでしたよ。